家事代行と家政婦の違い

家事代行というアルバイトがどのような仕事なのかというと、基本的には家政婦に近いイメージを持って頂いて間違いありません。テレビなどで良く見る家政婦のお仕事、家事代行のお仕事は重複する部分が多いので、イメージしやすいと思います。

しかし、家政婦と家事代行の間には決定的に違うポイントがあります。もともと家政婦という仕事は、家政婦と雇い主との間で直接雇用契約を結ぶ形式が多くなっており、仕事内容も家事全般を行うようになっております。時には泊まり込みで仕事をするなど、とにかくその家に尽くすといった事が求められます。その分、お給料も高くなっており、お金持ちしか利用できないようなケースが殆どでした。

しかし、家事代行のアルバイトは、家事全般を行う事については、とても家政婦に近い存在にはなっておりますが、雇用形態は、その家に直接雇われるというような形式ではなく、家事代行会社に一旦雇用された上で、各家庭に派遣されるという派遣タイプのアルバイトになっております。その為、家事代行のアルバイトの場合には、一旦家事代行会社に雇われておりますので、自分で顧客を開拓しなくても大丈夫ですし、働く内容や料金などの交渉も全て会社が行ってくれますので、かなり働きやすい環境となっております。